メニュー開閉

防災研修を行いました

2020.09.04

生活相談員の日浦です。

9月1日は「防災の日」です。この日を含む1週間を「防災週間」として、全国各地で防災訓練や防災知識の普及が特に図られる時期です。

当施設でも、先月の避難訓練に引き続き、防災についての研修を行い、備蓄品の期限や動作確認を行いましたので、ご報告いたします。

【備蓄食調理】

当施設では5日間分の備蓄食と水を保管しています。

今回はその中から「五目御飯」を調理しました。

また停電を想定し、水をそのまま入れての調理で、どのような味や固さになるか、職員でも体験する事としました。

管理栄養士より作り方の説明を受けます。もし夜間に震災が発生した場合、介護職員も調理をしなければなりません。水をそのまま入れて、よくかきまぜ、一時間待ちました。

防災研修R2.8 ①.JPG

防災研修R2.8 ②.JPG

防災研修R2.8 ③.JPG

下の写真が出来上がった五目御飯です。

一つの箱から50名分の食事が作れました。

味の評価は「思った以上に美味しい。」「味もしっかりしてるし、水で作ったとは思えない。」

と好評でした。

分量通りで作ると入居者の方々には少し固いかな?との意見もあり、次回は水を多めで調理しては?との意見が挙がりました。

防災研修R2.8 ④.JPG

防災研修R2.8 ⑤.JPG

【消防設備に係る説明】

 続いて、施設管理課長より消防設備についての説明を頂きました。

 館内には消火器、消火栓以外にも火災報知器、煙探知機、非常放送盤等々・・・。

 普段いると見過ごしてしまいます。

 万が一の震災や火災の時には、すぐに機器や設備が使えないと意味がないし、場所も把握しなければと痛感しました。

 

防災研修R2.8 ⑦.JPG

防災研修R2.8 ⑧.JPG

防災研修R2.8 ⑨.JPG

【蓄電池設備の確認】

停電を想定し、蓄電池も使ってみました。太陽光で充電し、館内に運べる機器です。

扇風機や吸引器等が通常に使用できることを確認しました。

防災研修R2.8 ⑩.JPG

防災研修R2.8 ⑪.JPG

 実際に被災した場合、ご入居者は認知症を患う方が多いため、事態を理解できなかったり、パニックになる恐れもあります。

 職員はできる限り冷静且つ迅速な対応が必要となります。

 今後も様々なケースを想定し、訓練や研修を行うことで、高い意識や知識を養っていきます。

アーカイブ

採用情報(共感をしごとに)

[an error occurred while processing this directive]

社会福祉法人白寿会

信頼と共感により安心の輪を広げます

〒123-0873 東京都足立区扇1-3-5 TEL:03-3890-3333